研修のご案内:屋内(非GPS)環境におけるドローンサービスの開発 および点検ソリューション最前線(10月12日)(第1報)

(PDFのご案内はこちら)(お申込みフォームは、本ページ下部です)

GPS電波が十分に受信できない環境では、ドローンの安定性を維持することが困難です。屋外でも、GPSのみでは十分な位置精度が確保できない環境もあります。業務用ドローンの用途拡大には、GPSに頼らない自己位置推定技術の開発が重要です。

今回の研修では、ブルーイノベーション株式会社より講師をお招きし、同社が開発を進める「非GPS環境対応型ドローン」について解説いただきます。同社は、「送電線点検ドローン」を東京電力、「下水管点検ドローン」を株式会社日水コン・横浜市で、研究開発に取り組んでいます。また、「屋内用警備ドローン」を大成株式会社と共同で研究しています。

同社が今年にリリースした点検用プロダクト「ELIOS」は、機械設備の多い工場内や、配管内部など金属が多い環境下においても、コンパスエラーを出さずに安全かつ安定した飛行で点検作業が可能なドローンです。通常のGPSによる位置測位では困難な屋内環境での点検作業を実現するものです。

当日は、「ELIOS」の実機を展示、飛行デモを行います。Ds-Laboテストフィールド(屋外)での操作体験会も予定しています。様々なニーズへの可能性を確認できる格好の機会です。各位のご受講をお待ちしております。

日時

10月12日(金)

第1部・第2部10:00~12:00

第3部12:00~14:00

場所

大分県産業科学技術センター、多目的ホール・DS-Laboテストフィールド

講師

ブルーイノベーション株式会社

常務取締役   那須 隆志 氏、パイロットサービスチーム チームリーダー  柴崎  誠 氏

概要

  • 第1部 ブルーイノベーションについて、点検市場におけるドローン活用、エリオスの技術と適用事例のご紹介
  • 第2部 飛行デモ
  • 第3部 操作体験会(テストフィールド)

費用

会員無料

お申込み







ご参考までに、ドローンに関する状況をお聞かせください。複数選択可です(任意)。


所有している事業に活用中導入検討中機体開発に関心ありサービス開発に関心ありユーザーとして利用したい操縦初心者操縦中級者操縦上級者