ドローン活用ニーズをお寄せください(会員外の方からのご連絡も歓迎します)

大分県ドローン協議会(事務局:大分県産業科学技術センター)では、ドローンを活用したニーズを募集中です。

背景

  • 大分県ドローン協議会では、大分県でのドローン産業の振興を目指し、さまざまな事業展開に取り組んでいます。
  • 県内企業を中心に、自治体や大学、県外企業などを含め、会員数は220者を超えました。
  • 「空の産業革命」として期待されているドローン。空撮・農薬散布・測量・点検など、実利用が着実に進む分野がある一方、技術面や制度面のハードルなど、チャレンジ段階が続いている分野もあります。
  • 産業の発展や振興には、用途の拡大が重要です。また、ドローンに関する「機材提供を希望する方」、「サービス提供をする方」への橋渡しも重要です。

協議会の事業(研究開発補助金)

  • 大分県ドローン協議会では、会員企業による研究開発を支援・促進するために、研究開発補助事業に取り組んでいます。
  • 今年度は、機器開発枠として最大500万円×3件、ソフト・サービス開発枠として最大250万円×4件を採択予定です。
  • 現在、開発課題などの申請を受付中です(詳細はこちら)。

ドローン活用のニーズをお寄せください

協議会事務局では、ドローンを活用した具体的なニーズの掘り起こしに取り組んでいます。以下のようなニーズを募集します。下記のフォームよりご入力ください。協議会の会員企業へ、「このようなニーズや要望があります」と周知させていただきます。

  • **の機能を持つドローンを開発してほしい(機器開発のニーズ)
  • **の機能を持つドローンを提供してほしい・販売してほしい(機材提供のニーズ)
  • ドローンを用いた***のソフトウエアを開発してほしい(ソフトウエア開発のニーズ)
  • ドローンを用いた***のサービスを提供してほしい(サービス開発のニーズ)

【飛行型ドローンに限らず、陸上・水上・水中など、各種の無人機(ドローン)が対象です】

注意事項

  • ご入力いただいた内容は、ご入力者名(社名)を伏せた上で、会員企業へ、電子メールにて周知します。
  • お寄せいただいたニーズについては、協議会の会員企業へ、ニーズの内容を橋渡し(マッチング)させていただく場合があります。
  • 機器や方式の特許、ビジネスモデルの特許などの可能性のある内容を、直接ご入力することはお避けください。
  • 一部の内容については、事務局より、詳細をお尋ねする場合があります。
  • 研究開発補助金の公募にあたり、「具体的なニーズにもとづいた開発である」など、審査の参考とさせていただく場合があります。
  • 橋渡し(マッチング)や、研究開発、機器やサービスの提供を保証するものではありません。

ご入力はこちらから