研修のご案内:ドローンサッカーの現状と今後(10月1日)(1報)

(お申込みフォームは、本ページ下部です)

概要

スポーツやエンターテイメントとして「ドローンサーカー」への注目が高まっています。韓国では、大変に活発化しているスポーツです。本研究会では、ドローンサッカーについて、ルールやレギュレーション、試合の様子やビジネス面など、現状と今後について解説します。

講師のオートバックスセブン様は、既存の遊びやスポーツを掛け合わせた(Cross=x)、革新的な(Revolution=R)スポーツを「xR Sports」の一環として、今年2月、ドローンサッカーを日本に初導入しました。

ドローンサッカーは球状のフレームに覆われたドローンを使用し、5対5で戦う最新の戦略型チームスポーツです。スピードだけでなく、チームの連携や、戦略性が重要であることから、お子様からご高齢者まで、年齢や性別を問わずに楽しめるバリアフリーな競技となっています。

少人数・研究会のスタイルでの開催を予定です。関係各位のご受講をお待ちします。

研修タイトル

ドローンサッカーの現状と今後

日時

10月1日(火) 午前10時30分より(90分程度)

場所

大分県産業科学技術センター C201会議室

講師

株式会社オートバックスセブン ICT商品部 部長 八塚昌明 氏

定員

10名(定員になり次第、受付を終了します)

受講料

協議会会員は無料

お申込み







ご参考までに、ドローンに関する状況をお聞かせください。複数選択可です(任意)。


所有している事業に活用中導入検討中機体開発に関心ありサービス開発に関心ありユーザーとして利用したい操縦初心者操縦中級者操縦上級者